【ネイルUP!vol.103】ネイル検定を知る!

ネイルの基礎を正しく身につけられる検定試験は、練習で技術がどんどん向上し、資格の修得で自信が持てると、いいことずくめ。
土台となるネイルケアやカラーリングが美しく仕上がるとアートも見違えます。
自分の腕試しに挑戦するのもオススメです!

JNECネイリスト技能検定試験

国際的に通用するネイリストの育成を目指し、正しい技術と知識の向上を目的とした実践に役立つ検定試験。

JNEC

ネイルの検定試験の運営と資格認証を専門に行う機関1997年にスタートしてから累計受験者数は約90万人。試験は、年4回実施される(1級は年2回)。

ネイルの基本を覚える【3級】

ネイルケア、ネイルアートに関する基本的な技能及び知識の修得を目指す。合格率は約90%と高め。独学でも基礎を押さえた練習をすれば、合格を目指せる。

3級合格のポイント

◇実技試験…70分 /ポリッシュオフ、ネイルケア、カラーリング、右手中指に「フラワー」のフラットアートを施す。
◇筆記試験…30分 /「ネイリスト技能検定試験公式問題集」から出題される。
◇要項を参考に、品名ラベルをつけ、正しいテーブルセッティングをする。
◇メタルプッシャーやキューティクルニッパーなどの用具を正しく扱う。
◇ ゴミはゴミ袋に捨てる 。

●「 フラワー」のフラットアート
カラーリングの赤に映える「フラワー」をテーマにしたフラットアートを施す。バランスや色使いが審査される。

●ポリッシュオフ
●ネイルケア
●カラーリング
前日までに塗布しておいた赤ポリッシュをオフし、ネイルケア、カラーリングを10本の指すべてに行う。

サロン勤務をするなら【2級】

サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートに関する技術や知識が審査される。
チップで補強するリペアテクニックやアートは、3級に比べて難易度が高くなる。
合格率は約55%。

トップレベルの技術を修得 【1級】

トップレベルのネイリストとして必要とされる総合的な技術が審査される。チップオーバーレイやスカルプチュア、ミックスメディアアートを150分で仕上げる。
コロナ感染防止のため、現在1級はモデルではなく、トレーニングハンドで行う。
合格率は約50%。

講師を目指すなら【認定講師(JNA主催)】

ネイリスト技能検定試験1級合格、JNAジェルネイル技能検定試験上級・ネイルサロン衛生管理士・JNAフットケア理論検定試験の資格を取得、実務経験があるなど、受験資格のハードルは高い。
その分、合格すれば、検定試験の試験官や、コンテストの審査員、イベント実行委員など、活躍の場が広がる。

I-NAIL-A ネイルスペシャリスト技能検定試験

ネイルスペシャリストとしての正しい知識・技術を目的としたサロンワークに役立つ技能検定試験。

I-NAIL-A

「ネイルスペシャリスト技能検定試験」を2001年より実 施。ネイルスクール生、理美容専門学校生を対象としたA級は学校のカリキュラムに合わせて随時実施している。

学生、初心者が対象【A級】

ネイルケア、マットな赤ポリッシュのカラーリングを施す。
基本的な技術と用具の扱いを見られる。
理美容専門学校のカリキュラムに含まれているので、美容師にもこの資格を持つ人は多い。

A級合格のポイント

◇実技試験…55分/ネイルケア、カラーリングを両手10本に施す。
◇筆記試験…30分/「ネイル・プロフェッショナル」「検定試験対応例題集」を参考に勉強しよう。
◇要項を参考に正しいテーブルセッティングをする作業エリア、サニタリーエリアは常に清潔に保つ。
◇白衣に準じた衛生的な白無地の上着を着用する。

● ネイルケア(30分)
ファイリング、キューティク ルケア、バッフィングを行う。
●カラーリング(25分)/両手にマットな赤ポリッシュ
を塗布。エッジの塗り残しや色ムラ、ハケ跡に注意する。

プロ技を習得【SA級】

ネイルケア(30分)、チップオーバーレイ(20分)、カラーリング(25分)。
難易度の高いチップオーバーレイとムラになりやすいパールホワイトのカラーリングをキレイに仕上げるためには時間配分が重要。

より高みを目指す【PA/AA/AAA】

60点以上でPA級、70点以上でAA級、80点以上でAAA級が合格となる。
ネイルケア、ネイルチップ、スカルプチュア(クリア・フレンチ)、カラーリング(マット赤・パールホワイト)と、すべての技術を審査される。

JNA ジェルネイル技能検定試験

プロとして、サロンワークでジェルネイルを施術するために必要な理論と技術の修得を目的とする。

JNA

お客様が安心して施術を受けられる健全なジェルネイルの普及を目的に実施している、全国で10万人以上が取得している資格

ジェルネイルの登竜門【初級】

ジェルネイルを施術するために必要な基礎的知識と技術はもちろん、ネイルケアの基礎も見られる。
実技試験は、ネイルケア35分と、ポリッシュカラーリング・ジェルカラーリング・ジェルアート60分の2部構成。
合格率は約75%。

初級合格のポイント

◇実技試験・第1課題…35分/ネイルケア
◇実技試験・第2課題…60分/左手にポリッシュカラーリング、右手にジェルカラーリング、右手中指に「ピーコック」のジェルアートを施す
◇筆記試験…30分/ネイルおよび、ジェルネイルに関する基礎知識を問われる
◇ピーコックアートは3色以上使用し、 白を入れると模様が際立つ
◇JNECネイリスト3級を取得していれば、 実技試験「ネイルケア」を免除

●ネイルケア
ポリッシュオフ、ファイリング、キューティクルクリーンまで行う。

●ポリッシュカラーリング
赤ポリッシュを左手5本に塗布する。

●ジェルアート
右手中指に赤色のベースに映える「ピーコック」のジェルアートを施す。

●ジェルカラーリング
右手5本をサンディングし、赤ジェルを塗布する。

サロンで活かせる【中級】

プロとしてサロンワークで必要とされるネイルケアとジェルネイルの専門知識と技術の修得を目指す。
第1課題(30分)はネイルケア・カラーリング、第2課題(85分)はジェルグラデーション、ジェルイクステンション(クリア)、ジェルカラーリング(フレンチ)など。

ジェルテクを網羅【上級】

ジェルネイルのスペシャリストとして必要とされる総合的知識と技術を見られる。
85分の実技試験は、ジェルイクステンション(クリア)、ジェルチップオーバーレイ、フレンチルック、ジェルアートなど、ジェルの技術が盛りだくさん。
スピードも重視される。

I-NAIL-A ジェルネイル技能検定試験

ジェルネイルの正しい知識・技術の修得を目的としサロンワークに役立つ技能検定試験。

I-NAIL-A

2009年より「ジェルネイル技能検定試験」を実施。
3級、2級、1級の3つに分かれ、ステップアップ方式で飛び級はない

ジェルネイルの基礎【3級】

プレパレーション、クリアコーティング、カラーコーティングを60分で仕上げる。
ネイルケアは事前に済ませておく。皮膚へはみ出した場合でも慌てずに拭ってキ レイにすれば◎。落ち着いて作業しよう。

◇実技試験…60分/プレパレーション、右手にクリアコーティング、左手にカラーコーティングを施す
◇筆記試験…30分/「ネイル・プロフェッショナル」「ネイル・プロフェッショナル ジェルネイル編」「検定試験対応例題集」を参考に勉強しよう
◇使用できるジェル、ライトのブランドを確認する
◇要項を参考に正しいテーブルセッティングをする
◇汚れたワイプやペーパーは放置せずに破棄する

●コーティング(45分)
右手にクリア、左手にマット赤のジェルを塗布する。トップコーティングで仕上げる。

●プレパレーション(15分)
両手10本をプレパレーションする。

ジェルの特性を掴む【2級】

プレパレーション、チップオーバーレイ(2本)、カラーコーティング(パールホワイト)を75分で仕上げる。
チップの段差がないフラットな状態が理想。ムラになりやすいパールホワイトのカラーリングは練習あるのみ。

ジェルをマスター【1級】

プレパレーション、スカルプチュア(2本)、カラーコーティング(フレンチ)を90分で仕上げる。
ここまで修得すれば、サロンワークはバッチリ。1本ずつのフォルムの美しさはもちろん、10本の形をそろえるのが鉄則。







copyright © ANTRAG,Inc., 2022. All Rights Reserved.